NISMOスポーツリセッティングを購入

カスタム&メンテ
この記事は約2分で読めます。

おっさんです。

本日は日産吹上に開店と同時に入店しました。

少し前に予約したNISMOスポーツリセッティングの事前点検のためです。

大事に乗りたい車なので、かなり迷いました。

しかし、今のままだと「羊の皮を被った狼」と言われる400Rが、羊の皮を被ったままのように思えてきました。

GT-Rマイスターによると、ノーマルセッティングは3リッターツインターボの能力をかなりスポイルしているとのこと。

というわけで、事前点検へ向かいました。

さすがNISMOパフォーマンスセンター、設備が整ってますね!

エンジン周りを中心に、改造がされていないかを入念にチェックしていました。

GT-Rマイスターからは、コンピュータの数がR32時代は数個だったが、今は30個以上になっていると聞きました。

400Rはエンジン、ブレーキ、ステアリング、そしてサスペンションなどが全て電子制御されています。

特にステアリングはダイレクトアダプティブステアリングで、物理的には繋がっていません。

そんな状況なので、詳しくない人がコンピュータチューニングをすると非常に危険とのこと。

点検の結果は「合格」ということで、スポーツリセッティングを施工できることがわかりました。

奥さんに相談しようかと思いましたが、今日申し込むと来週の土曜日に施工してもらえるとのこと。

「やっちゃえ NISSAN!」ということで、カードで決済しました。

奥さんには、これが自分のクリスマスプレゼントだと伝え、許してもらうつもりです。

ギャラリースペースには、現品限りですが、即納&スペシャルプライスの400Rが展示されていました。

純正エアロやBOSE音響は付いていませんが、お値段によってはお得かもしれません。

ちなみに、スポーツリセッティングではECUを交換しますが、古い世代?の400RのECU在庫が全国で残り20台ほどと言ってました。
新しい世代の400Rのスポーツリセッティングに切り替わっているようです。
古い世代の400Rでスポーツリセッティングをやりたい方は急いだほうが良いかもです。

コメント