名古屋モビリティショー参加

おっさん日記
この記事は約3分で読めます。

おっさんです。

名古屋モビリティショーへ行ってきました。

1979年から開催されているということで、かなり歴史のあるイベントということを今日知りました。

詳細は次の公式サイトよりご覧ください。

朝9時から入場できるということで、少し早めに駐車場へ向かいました。

会場に隣接する駐車場は1,500円、少し離れた青空駐車場は1,000円です。

月末ということで、金欠気味なので、迷わず安い青空駐車場へ向かいました。

8時半頃到着しましたが、ガラガラで少し拍子抜けしました。

バスに乗って会場に向かうと、少し行列ができていました。

しかし、ジャパンモビリティショーに比べると人は少なかったです。

トヨタ自動車、日産自動車などが展示している3号館へ向かい、

まずはトヨタ自動車のブースでレクサスLMを見ました。

雑誌では良く見てましたが、実物は今日が初めてでした。

ほんと後席に乗る人のための車という感じですね。

残念だったのは、日産自動車のブースにNISMO車両(スカイライン、フェアレディZ、GT-R等)が無かったことです・・・

日産自動車のブースでは、GT-R風、エルグランド風のコンセプトカーが大人気のようでした。

個人的には、4ドアのGTカーが好きなので、ここからは順番に気になった車をアップします。

メルセデスベンツAMGのC63SEです。

スタッフの方に話を聞くと、モーターとエンジンの組み合わせで500馬力以上とのことです。

試乗した感じ、バケットシートとステアリングがとてもレーシーな感じでした。

お値段は1,660万円とのこと。

Audi e-tron GT quattroです。

こちらは完全なBEVですが、スタッフの方が言うには400馬力のエンジン車と同じ速さとのこと。

試乗できませんでしたが、高級感とスポーティーさの両立といった感じでカッコいいですね。

お値段は1,494万円とのこと。

その他、気になった日本車は、

SUBARUソルテラです。GTカーではないですが個人的に応援している車です。

BEVとして結構早く世に出た車ですが、その後、BYDなどのBEVと比較されてかなり苦しい状況のように思います。

スタッフの方がBYDとの性能比較を尋ねられていて、少し困ってました・・・

HONDAアコードです。

おじさん車(スカイラインもよく言われますが)というイメージですね。

今一つデザインに元気がないように感じるのは私だけでしょうか。

最後に最近BEVで急成長中のBYDです。

SEALという上級セダンが展示されてました。

スタッフの方に話を聞きましたが、かなり日本仕様にカスタムされていることがわかりました。

既に外観は日本車より洗練されていると思います。

ディスプレイ周りがデカいタブレット、そのシンプルさが新しい車という雰囲気を出しています。

帰りに青空駐車場に戻りましたが、ホントさみしい状況でした。

海外メーカーのGTカーを色々見ましたが、やはり自分の乗っているスカイライン400Rは良い車だと思いました。

400馬力の車を海外メーカーで乗ろうと思うと値段は1,000万円超え。

一方、スカイライン400Rは新車600万円、中古400万円ほどで買えます。

コストパフォーマンスはとても良いです。

名古屋モビリティショーは明日26日もやっています。

東海、愛知、名古屋の方は是非見に行ってください!

コメント