NISMOスポーツリセッティングを施工

カスタム&メンテ
この記事は約2分で読めます。

おっさんです。

本日は午後、日産吹上に入店しました。

いよいよNISMOスポーツリセッティングを施工します。

いつもは手前のギャラリースペースで商談していましたが、どうやらNISMO製品を購入すると、奥の専用ラウンジに案内されるようです。

展示されているGT-Rを眺めながら商談できます。

奥には雑誌やGT-Rの模型、ブレンボブレーキなどが展示されていました。

GT-Rマイスターの方と少し話をした後、NISMOパフォーマンスセンターの整備工場へと向かいました。

施工は既に始まっており、車載コンピュータの状態を表示する装置などが取り付けられていました。

こちらがノーマルのエンジン車載コンピュータです。

そして、こちらがNISMOのエンジン車載コンピュータです。

これに取り替えた後、馬力やトルクを調整するそうです。

NISMOのエンジン車載コンピュータには、封印テープが付いており、これを剥がすと保証が失効するようです。

また、他店でプログラムを更新するとノーマルに戻ってしまうため、特別なシールを貼るようにしています。

作業は約1時間で完了しました。

NISMOスポーツリセッティングは、特に「Sport」「Sport+」モードで体感できるくらい変化があるようです。

「Standard」モードでは、トルクが強化されており、低回転での走行が可能で、わずかに燃費が向上すると聞きました。

中低速域でのトルク向上により、実用域での使い勝手も改善されるそうです。

とりあえず、少しずつ運転に慣れていきたいと思います。

コメント