久しぶりの日記~投資を始めようかとNISA口座を作って色々調べ始めた結果~

middle aged おっさんの日記
この記事は約3分で読めます。

久しぶりの日記です。

会社の仕事がほとんどリモートワークになって、パソコンを見てばかりなので、最近は紙の本(パソコンで見る電子書籍じゃなく)を読むようにしてます。

よく読んでいるのは、投資や副業などの本です。

昨年度から副業などもチャレンジしており、色々と気付くこともあり、、、

びっくりなのは、1970年代生まれは年金受給開始が70歳からになるかもということ・・・

会社勤めだからといって全く安心でなく、退職してから、ある一定期間は自分で稼ぐ力が無いと本当にヤバい世の中になることを知りました。

そんなことを考えながら株式投資を思案し始めました。

四季報を買って、色々な会社の状況を知る術を学び、やってみようかなと思う反面、そもそも皆が儲かるなら、仕組みとして成り立たないよな、と冷静な自分がいます。

とはいえ、NISAなどの本ば書店には大量にならび、非課税で投資して老後資金を増やしましょう、銀行預金なんて低金利なのでダメだ、とかいっぱい書かれています。

そんな本を読みながら、煽られて、勢いでNISA口座を開設しました。

まずは始めようと色々と説明を読んでみると、すごい違和感に襲われました。

何かを言いますと、投資なのでリスクはあり、損失の恐れが前提のはずなのですが、NISA口座を開設した証券会社のNISA説明ページにそのことがほとんど書かれていない。

長いページの最後に、申し訳程度に(儲かったケースはわかりやすく図で書かれているのに)文章だけで

各商品には価格の変動による損失が生じる恐れがあります

と一行という状況です。

これ本当にこんなのでよいのでしょうか??

色々調べると、損失が出た場合は、最大のメリットである非課税の恩恵は当然なく、運用期間が決まっているので、期間が来たら損失した状態で確定(払い出し)しないといけない。

これは、100万円でNISA初めて、運用期間完了時に90万円になっていたら、強制的に90万円で払い出しをしないといけない。

90万円から100万円に戻すため、再度株式投資して100万円になったら、10万円は運用益なので2万(20%)を税金としてとられるということです。

ロールオーバーという制度で、その時に新たにできたNISAのような制度にロールオーバできるとありますが、損失を確定させて再度、NISA(らしきもの)始める必要がある。

どんな制度か不明ですが、証券会社や市場が損をする制度にはならないと思うので、結局投資した人が負けたら不利になるように思います。

さらにですが、証券会社が儲かるように手数料は常に何をやっても取られるようです。

証券会社の社員の平均年収とか四季報で見ると、誰のための制度なのか、よくわかると思います。

つみたてNISAやらジュニアNISAやら、国ぐるみで国民の資産を市場にまわす施策のようですが・・・

これ以上は言いませんが、庶民の資産を吸い上げ、頭の良い人(証券会社)が儲かる制度ですね。

やっぱり、一番の投資は自分の能力で稼ぐ力を身に付けることだと思います。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.