デンソー、海外ハッカーからサイバー攻撃 北米拠点標的

ニュース・記事への一言
この記事は約2分で読めます。

大手自動車部品メーカーがサイバー攻撃にあったようです。

有料記事なので、全て読めないのですが「古いネットワークのPC」と書かれています。

これは、ネットワークが古いのか、PCが古いのか、無料で読める範囲だとわかりませんが、

工場などは、生産設備系のシステムが動かない(新OSに追従できない)という理由で古いOSを使い続けることがあります。

ただ、このような場合は、ネットワークを物理的に分離するなどして、サイバー攻撃の対策を行うケースが多いです。

その上で、USBなどを介して、サイバー攻撃がネットワークを超えることがないように、従業員をしっかり教育します。

しかしながら、

このような大手でも、サイバーセキュリティ対策が徹底されていないとなると、今後もランサムウェアの被害は続くような気がします。

ただ、公表されるのは氷山の一角という現実もあります。

なお、攻撃を受けたら以下のサイトをチェックですね。。

この中で、一番悩ましのは身代金の支払いです。

どの会社でも、セキュリティ規定などには「支払はない」と書かれているとは思います。

しかし、

そのランサムに暗号化されたデータが消失すると数十億の被害、身代金が数億程度という場合に、経営判断としてどうするか、

このあたり、非常に難しい対応を迫られるのがランサムウェアかと思います。

なお、上記のJPCERTには、支払っても復元する保証がないとありますが、

攻撃者とすると、支払っても復元できないという事例を作ると、今後の活動に支障がでるので、そのようなケースはあまりないと個人的には思います。

ということで、気になるニュースでした。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.