2021年の「自動運転」10大ニュース!レベル3の実用化スタート

ニュース・記事への一言
この記事は約2分で読めます。

2021年の自動運転を一気にキャッチアップできる記事を発見しました。

こういう記事があると、ホントに助かります。

ホンダの自動運転レベル3、2021年3月発売は、世界初なのですが、これあまり知られていないような気がします。

自動運転のレベル3は人間がある一定の条件下では、介在しなくてよいという代物です。

これをホンダは世界初で販売しました。

めちゃくちゃ凄いことですが、どうも日本企業はどうPR力が弱いと思います。

なので、こういう記事でもっと取り上げられるべきかと思います。

一方で対称的なのが、テスラ・・・

モデルなんとかというシリーズで自動車を販売。

自動運転機能をFSD(Full Self-Driving)という名で売り出していますが、実はこれはレベル3でもなく、人間が必ず介在しないとダメという代物です。

しかし、名称がFSD(Full Self-Driving)と誤解させるものになっています。

多分この名前のせいで、勘違いしたユーザが事故を多発しているのだと思います。

もしかすると、このSelf-Drivingは人間が自身で運転するという意味だ、とかテスラは最後にはいいそうですね・・・

これを裏付ける記事が、ホンダの記事の次にあり「FSDは自動運転の能力がない」と開き直ったようです(笑)

景品表示法とかで、これは罰せられる案件では、と思います。

あと、気になるのが、「自動運転レベル4」の法規要件策定ですね。

とうとう、国レベルで自動運転レベル4のルール作りが始まるようです。

人が介在しなくてよいという代物なので、事故の責任をどうするのか?など、課題は山積だと思いますが・・・

個人的には、自動運転について、サイバーセキュリティの話が心配ですね。

ネットワークに車が繋がると思いますし、あちこちの会社が開発した自動運転アプリケーションがハッカーに狙われるとホント大変なことになるかと。

デンソーとか大手は安心できますが、スタートアップが急いで開発した自動運転アプリケーションの車には正直乗りたくありませんね。

2022年はこのあたり、自動運転とサイバーセキュリティにフォーカスした記事が出るとよいなぁと、、

サイバーセキュリティの専門家としてはあと20年は食えそうだと思いました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.