資格の断捨離をそろそろ考え始めました

IT miscellaneous notes IT雑記
この記事は約2分で読めます。

本日は年末休みの初日ということで、ぼーっとしておりました。

年末年始に向けて、今年の抱負と新年の目標を考えないとなぁと思いながら。

少し考え始めたのが、資格の断捨離です。

これまで色々取得してきましたが、毎年維持費がかかる資格も多く、そろそろどうするか考え始めました。

お金のかかる資格としては、

  • PMP
  • CEH
  • CND
  • 情報処理安全確保支援士

となりますが、この中で実利があったのが情報処理安全確保支援士だけでした。

あまり詳しく書けませんが、肩書として色々な活動で使わせてもらいました。

PMPは転職の時に役に立ったかもしれないなぁ、と思うくらいですね。

CEHとCNDは、自分の中でセキュリティをやる自信に少しつながったような気がします・・・とはいえ、その程度です。

PMP,CEH,CNDはどれも資格を維持するための継続教育の申請や、毎年の更新費用など、色々面倒です・・・

その他は、情報処理技術者で、

  • プロジェクトマネージャ
  • システム監査技術者
  • データベーススペシャリスト
  • 情報セキュリティアドミニストレータ

などが主なところです。

情報処理技術者はお金のかかる資格ではないので、とくに断捨離などの必要はないのですが。

プロジェクトマネージャとシステム監査技術者まで合格すると、あとはITストラテジストに合格して高度三冠資格として制覇したくなりますが、

これは、来年の目標として、考えたいと思います。

ということで、色々書きましたが、断捨離としては以下の資格を保持することで十分かなと思います。

  • 情報処理安全確保支援士
  • システム監査技術者
  • プロジェクトマネージャ

情報処理安全確保支援士は二年目の継続教育も受講しましたし、実利もあるので、保持ですね。

この三つで自分の専門分野であるプロジェクト管理と情報セキュリティとシステム監査の範囲は知識として保有していることが示せるかなと。

ということで、資格の断捨離について書いてみました。。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.