「連合艦隊司令長官 山本五十六」を鑑賞して思ったこと

middle aged おっさんの日記
この記事は約3分で読めます。

仕事で、とある方より「連合艦隊司令長官 山本五十六を少しは見習って仕事をしろ!」と叱咤激励を受けました。

私は、関係各所、多くの方に色々お願いして仕事をやっていただくという立場です。

そのお願いがあまりに雑だったので「自分ができないことを人にやらせるな!」という戒めだと思いますが・・・

そもそも、私は「連合艦隊司令長官 山本五十六」をあまり知らず、昔の軍人だよな?と思ったくらいでした。

そんなこともあり、さすがに気になりAmazonで検索して、次の映画を見つけました。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

1939年夏。「日独伊三国同盟」締結の声に日本は大きく揺れていた。それを強硬に主張する陸軍、マスコミ、そして国民。しかし海軍大臣米内光政、次官山本五十六、軍務局長井上成美は、その「世論」に敢然と異を唱えた。日本がドイツと手を組めばアメリカとの戦争は避けられず、十倍の国力を持つ国と戦えば、この国は滅びる……。彼らの命を賭した反対で、三国同盟問題は立ち消えとなり、山本五十六は聯合艦隊司令…

早速レンタルして鑑賞したのですが、山本五十六が司令長官としての本当に相応しい方なのか?かなり疑問になったのでブログします。

山本五十六は、日米開戦の先頭に立つ連合艦隊の司令長官という立場でありながら、自身も子供を持つ父親であり、本心では戦争を避けること望んでいた。

しかし、国や世論を受け、仕方なく戦争へと突き進まないといけない。

これは、会社や上司の考えと、自分の考えが合わないが、言われるままに仕事を進めないといけない、という状況と似ています。

また、勝てることもない戦いとわかっていても、やらざる負えないということも、よくある状況かと。

そんな、不条理さの中で、最後まで米国との講和に持ち込み、平和にすることを望み、尽力されたこと、感動しました。

しかし、連合艦隊の司令長官に山本五十六は適任ではなかったと思います。

率直に言うと、山本五十六は優しく人望がありましたが、それが多くの失敗に繋がり、その結果として、多くの国民が犠牲になった、と思うからです。

映画の中では、何度も部下が失敗する場面が描かれています。

真珠湾攻撃では、米国への伝達が遅れ(これは部下というよりは、国ぐるみの仕業のような気がしますが)山本五十六が一番恐れていた不意打ちとなりました。

ミッドウェー攻撃では、敵空母が待ち構えている可能性があり、航空機に魚雷を積んでおくこと、との指示を艦隊長が守らず大敗しました。

にもかかわらず、それら部下や関係者へ何の叱責もしなかった。落ち着きを見せるため、そのようなときは、だいたい将棋を打ち始めます。

この失敗の裏では、数百、数千という命が犠牲になっていることを考えると、リーダーとしての態度として、あり得ないのではないかと。

また、山本五十六は最前線の部下が「自分の顔を見て喜んでくれる」と言い、戦局が厳しい中、最前線を視察しました。

この視察では、将校が大規模な戦闘機による護衛を申し出たことを断り、輸送機で最前線に向かい、敵機の攻撃を受け自らも命を落としました。

この失敗でも、当然ながら、多くの部下の命が犠牲になりました。

山本五十六亡き後、日本は戦争を講和に持ち込むという発想すらなくなり、特攻隊で多くの若者が犠牲になり、最後には原子爆弾で多くの市民も犠牲になりました。

山本五十六がもし最後まで生きていたら、そして、軍トップに戻っていたなら、もう少し早く、何らかの形で戦争が終わったのかもしれません。

そんなことを考えると、大局的な視点で、立場を考えて、厳しい統制をとる(失敗には厳格に対処)ことが連合艦隊司令長官には必要であり、それが出来なかった と私は思います。

山本五十六の有名な格言に

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

があります。

これはこれで素晴らしく「自分ができないことを、人にやらせるな」という、いい加減なリーダーに対する戒めとしては正しいですが、、

本当に優秀なリーダーは自分ができないことを、自分より優秀な部下にやってもらう。

そして、その結果を冷静に見極め、時には冷徹に対処することが、物事を成功させるために必要ではないかなぁと考えます。

とても面白く、色々考えさせてくれる映画なのでお勧めです!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.