オリンピックの混乱を見ていて思うこと

middle aged おっさんの日記
この記事は約2分で読めます。

オリンピックは森会長辞任でホント混乱してますね。

 

発言の内容の是非は色々と意見があると思いますが、森会長のこれまでの貢献をどこまで国民は知っているのでしょうか。

 

オリンピックは国策に近い行事だと思うので、もし本当に森会長が「余人に代えがたい」という人だというのであれば、その取り巻きの責任は極めて重大です。

 

長く会社員をしているとわかるんですが、色々と判断に迷うとき、経験が豊富な大御所の意見がないと纏まらないということが多々あります。

 

大体、そんな時にはどっちにしても、メリット、デメリットがあり、早く決めて進めることが肝要です。

 

大御所がいないと「あーでもない、こーでもない」と議論だけして、物事が進まないという状況になります。

 

多分、森会長はそんなときに全てのことを決めてきたんじゃないかなぁと、個人的には思います。

 

不適切発言は「いかん」という風潮ではありますが、思っていることを上手く隠して、取り繕いながら実は何もしていないような人と比べると、表裏なく話す人の方が安心感があるような気がしますが・・・

 

80才という年齢を考えると、会議に出て物事を判断してくれるだけでもありがたいと思うべきだったのかもしれません。

 

国益という意味では、多分、中止と言ったもん負けの状況というのが、世界における常識ではないかと思います。先に「中止する」と言った方が、補償などを行わないといけない状況だと。

 

そんなこともあり、もしかすると森会長は、世界に対して常に強気で開催と言っていたのかなと。

 

次の会長は誰だかわかりませんが、世界を相手に、かつ日本の中を取りまとめ国益を損なわないように収めていく方でないと乗り切れない考えます。

 

女性が良い、若いほうが良い などと言って次の会長を議論している風潮にとても危惧を感じる今日この頃です・・・

コメント

  1. ・・ より:

    おまえは馬鹿か、
    森を擁護するような記事を書くな。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.