Windowsネットワーク系の基礎コマンドユーティリティ

SOC&SIRT備忘録
この記事は約3分で読めます。

SOCの基本となるネットワーク系の基礎コマンドユーティリティについてメモ書きします。

実施環境はWindows10とWindows Server2012です。

ipconfig

ネットワークトラブルシューティングに必要な様々な設定を確認できます。

パラメタは色々ありますが、最低限覚えておきたい3つを紹介します。

/all

ネットワークアダプタTCP/IP設定を参照できます。実務上、最も利用する頻度が高いパラメタです。

IP設定やネットワークアダプタ設定などが表示されます。

(一部表示削除)

/release[adapter]➡/renew [adapter]

ネットワーク設定を変更した際に、IPアドレスの開放と再取得を行うパラメタです。主にreleaseとrenewをセットで使います。

/displaydns

インターネットに繋がらない場合などに、端末のdnsテーブルを表示して確認します。

その他にも、たくさんパラメタはありますが

/?

を覚えておくと、すぐに調べることが出来ます。

ping

ネットワークのパケットの宛先到達状況を確認できます。

宛先IPアドレスを指定すると、ネットワークで到達できているか否かがわかります。

到達できている場合は以下のような感じで表示されます。

到達できていない場合は以下のような感じで表示されます。(相手のアダプタを無効化)

tracert

ネットワークのパケットの宛先到達経路を確認できます。

宛先のIPアドレスを指定すると、ネットワークで到達できているか否かがわかります。

経路は以下のような感じで表示されます。

到達できていない場合は以下のような感じで表示されます。

netstat

PCのネットワーク統計として、アクティブなTCP接続、リッスンポート、イーサネット統計、IP統計を確認できます。

netstatはWindows Server2012で実施します。

パラメタなしで利用するとアクティブなTCP接続を表示します。

  • Protoはプロトコル
  • Local Addressは自PC/サーバのアドレスとポート
  • Foreign Addressは相手PC/サーバのアドレスとポート
  • Stateは状態でLISTENINGは待機中、ESTABLISHEDは通信確率、CLOSEは閉鎖中、その他は状態遷移中

※CLOSEは表示されません

パラメタは色々ありますが、最低限覚えておくのは1つかなと思います。

-a

アクティブなTCP接続とTCP/UDPのリッスンポートを表示します。

その他にも、たくさんパラメタはありますが

/?

を覚えておくと、すぐに調べることが出来ます。

arp

PCのARPキャッシュとして、IPアドレスとMACアドレスとマッピングを確認できます。

パラメタなしで利用すると利用できるパラメタを表示します。

パラメタは色々ありますが、最低限覚えておくのは1つかなと思います。

-a

ARPキャッシュの情報を表示します。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.