スーパーマンがいくら頑張っても1人月という話

PMP日記
この記事は約2分で読めます。

バリバリでタスクをこなすスゴイ担当者にマネジメント業務をさせると、途端に仕事ができなくなるということがあります。

特に技術面でずば抜けた知識・スキルを持った担当者ほどそうなりがちです。

今回は、その原因と、その弊害を考えてみました。

その原因

マネジメント業務をする際にマインドが変わらないからだと思います。

マインドというのは仕事のスタンスを含みます。

その本質的な要因はマネジメントを知らないため、単なる雑用というイメージしか持ってないことにあると思います。

なので、目の前の仕事をいかに早くするかという視点が抜けきらず、チームで分担する、若手を育成するという視点が持てません。

中間管理職が面白くないという方のほとんどがそうだと思います。

その弊害

仕事を「する」ことが好きなので、率先して残業を行い「頑張っているんだ」ということをアピールします。

よって、チームのメンバーも残業が増えます。

更に悪質になると「いかに残業を記録せずに働くか」というやり方をメンバーに示唆するため、チームとしてサービス残業が常態化します。

私はプロジェクトリーダとして、この手の担当者に伝えることは「スーパーマンがいくら頑張っても1人月+α」という話です。

それを理解させた上で、マネジメントの効果を教えます。

例えば、1人で100人月、1000人月の仕事をする。

マネジメントを身に付ければ、これができるようになります。組織やチームで仕事をするからです。

30代、40代でこのような考え方のマインドチェンジができないと、本人もそうですが、組織・チームが不幸になります・・

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.