「頭に来てもアホとは戦うな!」を読んで

書評
この記事は約1分で読めます。

ブログ管理人です。

年始に年間50冊の読書という目標を掲げていましたが、ここ数ヶ月はペースが落ちてきました。

なんとか挽回しないといけないと思い、かなり昔に買い本棚で眠っていた次の本を読んで見ました。

最近でも書店の雛壇に並べられているなど、かなり人気があるようです。

「アホと戦うな!」という衝撃的なタイトルです。

サラリーマンならだれでも頭に来るやつがいるため、手に取って読んだ方もいるのではないでしょうか。

自分も何人が苦手なやつがいます。

仕事でいざこざがあった日は、頭にきてずっとイライラしていることがありました。

そんな時、この本では「アホのために自分の大事な資源を使うな」と教えてくれます。

たしかに、頭にきて夜寝れなくなったり、活力を削がれたりするのは無駄といえます。

さらには、正義感や責任感が強い人はアホと戦うという最も資源を無駄することをしてしまうということです。

結論は「ほっておけばよい」とのこと。

アホが絡んでくる場合は、早めに退散することが大事だということです。

仕事で頭に来ることが多い方にはおススメの本です!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.