平成30年元旦 昨年の振り返りと今年の抱負

IT雑記
この記事は約3分で読めます。

あけましておめでとうございます。

平成30年の元旦を迎えることができました。

朝6時半から娘に起こされて、寒空の中でイオンの福袋に並びました。

無事お目当てのものを買えたので幸先の良いスタートになりました。

その後は恒例の抽選会に参加。

この抽選会で、なんと特賞の1万円商品券が当たりました!!

運気を使い果たしたようで、少し心配ですが・・

さて、元旦ということで昨年の振り返りと今年の抱負を備忘録としてブログします。

昨年の振り返り

気が向いたら書くという感じのブログ運営ですが、それなりにアクセスしてくれる方がいるため続けてこれました。

ブログを書く目的は情報発信力を高めることですが、記事を読み返すと評論家のような書きぶりの記事が多いことが反省です。

今年はアクセスしてくれる方の役に立つ記事を書きたいと思います。

また、SEOに強い記事を書くため、Webライティングの勉強をします。

一方、資格は.comMaster ADVANCE ★★と情報処理安全確保支援士試験に合格できたことから、それなりに結果を出せました。

しかしながら、1番合格したかったシステム監査技術者試験は2連続論文B判定で不合格でした・・

とはいえ、情報処理技術者試験は高度区分を複数取得できたので、ここで一旦一区切りつけようかと考えてます。

今年の抱負

今年は中小企業診断士の受験と50冊の読書を目標にします。

中小企業診断士の受験

最近は、仕事人生50年と言われています。定年後にすぐ年金がもらえるかどうかもわかりません。会社員として定年まで働くとしても安心できない時代になりました。

そんなこともあり、つぶしが効く資格である中小企業診断士を目指すことにしました。

中小企業診断士試験は情報処理技術者試験の合格者には比較的合格しやすい試験ではないかと考えています。

なぜなら、1次試験は7科目ありますが情報系の1科目が免除、2次試験は記述式であり情報処理技術者試験で身に付けたノウハウが多少なりとも役立ちそうだからです。

とはいえ、経営面に関する事例の深さや必要な知識量は情報処理技術者試験とは比較にならない難易度だと思うので、初心に戻って勉強しないと合格はできないと思います。

合格までの計画は2~3年のスパンで考えてます。別の記事にこの計画はアップしたいと考えてます。

50冊の読書

仕事で様々な方と話をすると、自分には教養が足りないと思うことがあります。

中小企業診断士試験の勉強で、経営などの幅広い知識が身に付くと思いますが、歴史の知識や語彙に関しては、やはり読書が必要だと思います。

読書はインプットするだけでなく、アウトプットすることが大事なので、このブログに書評として書きます。

本は自宅で積ん読状態となっているものと、定額で電子書籍を読めるAmazonアンリミテッドを利用します。

1年で50冊を目標とするので、1週間に1冊のペースです。

あとがき

昨年の元旦に書いたブログを読み返すと、抽選で米俵が当たったこと、ITナビゲータを読みAIについて考えたことを思い出しました。

しかしながら、あまり具体的に今年の抱負を書いていないため、行動につながらなかったことが反省です。

この反省を踏まえ、今年は受験や読書など、具体的な抱負を書きました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.