説明力=仕事力だと感じる今日この頃

最近、自分の担当しているプロジェクトを説明する機会が多くあります。

説明が上手くいかないと、決裁者など重要なステークホルダの承認を得ることができずプロジェクトを進めることができません。

プロジェクト担当者にとって説明のスキルは最も重要であるといえます。私は説明のスキルを高めるために多くの本を読みました。

本にはプレゼンテーションやロジカルシンキングなど、カッコいいタイトルが付けられているものが多いです。

しかし、プレゼンテーションはパワーポイントの見栄えに、ロジカルシンキングは抽象的なフレームワークの説明に偏っています。

もう少しわかりやすく、すぐに「使える」ことが書かれた本を探したところ、次の本を見つけました。

「頭のいい説明『すぐできる』コツは」はサブタイトル「今日、結果が出ます!」にあるとおり、本当にすぐに実践できる内容です。

もっとも重要なポイントを3つ挙げると

  • 結論から話す
  • 短く話す
  • 呼吸を合わせる

この中で特に役に立ったのは1つめの「結論から話す」です。

最も基本的なことですが意外と実践するのが難しいと思います。特に、上手くいっていないことの報告では言い訳や理由などから話がちです。

そして、結論から話そうと考えると、実は言いたいことが明確でないことに気付くことがあります。副次的な効果ですが、私は上司から「何が言いたいんだ?」と言われることか少なくなりました。

ページ数もそれほど多くないので、忙しいビジネスマンにピッタリな本だと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.