40代でもサイバー犯罪捜査官になれるかもしれません

滋賀県警がIT技術者をサイバー犯罪捜査官として採用するとのこと。

受験案内・資料請求/滋賀県警察の広場

警視庁や他県警でも同様の採用がありますが、年齢の条件が30代前半までというケースが多いです。しかし、滋賀県警の場合は45歳未満であれば応募できます。

これまで年齢の条件でサイバー犯罪捜査官への応募を諦めていた方には朗報ではないでしょうか。

さらに、その他の条件として、実務経験はIT関連の職歴が3年以上、資格は応用情報技術者(ITSSレベル3)以上かつ旧区分でも良いとのこと。

IT企業の中堅レベルであれば、ほぼ誰でも応募できると思います。

待遇についてはよくわかりませんが、大卒10年勤務で月額30万程度とのことです。IT企業の規模によりますが、中堅レベルの方の場合、多少は下がる覚悟が必要かもしれません。

とはいえ、自分のITスキルを社会のために役立てたいという方は一見の価値があるのではと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.