情報処理安全確保支援士を取得しようかと考えています

私が所属する会社の情報部門にもセキュリティ担当部署が置かれ、セキュリティ対策への取り組みが本格的に始まりました。規定類の制定や組織体制の整備、そして人材育成などに取り組むようです。

人材育成としては、情報部門の要員へセキュリティ資格の取得を推奨するとのこと。対象資格は、国際的に権威のあるCISSPとCISMはもちろん、国家資格の情報処理安全確保支援士も含まれます。

受験料や登録料および講習受講料などの費用を会社が負担してくれるようです。情報処理安全確保支援士の場合は、受験料5,700円、登録料2万円、講習受講料3年で15万円、その他に更新料や集合講習の旅費など、1人当たり3年で20万程になります。

私は情報処理安全確保支援士の取得を考えていなかったです。なぜなら、個人で負担するのが厳しい費用であること。さらに、独占業務や必置義務などのメリットがないのに、罰則規定による罰金のデメリットがあるからです。

また、情報処理安全確保支援士制度のプレスリリース直前に、無試験で取得できる移行措置から、いきなり情報セキュリティアドミニストレータ合格者のみを除外するなど、理解できない対応があったためです。この件は以下を読んでください。

情報処理安全確保支援士 情報セキュリティアドミニストレータを復活させるべき

しかし、会社が費用を全て負担してくれるなら、これまでのことは忘れて情報処理安全確保支援士を取得しようかと本気で考え始めてます。

色々と課題がある資格ではありますが「国が推進するサイバーセキュリティ施策」「会社が取得を推奨するセキュリティ資格」であることから取得するメリットがあるといえます。

まだまだ試験日が先ということで、本腰を入れて勉強という気になりませんが・・

まずはウォーミングアップとして、ネットワークの知識をアップデートするためインターネット検定(.comMasterアドバンス)を取得することを考えてます。

実は、年始早々にインターネット検定(.comMasterアドバンス)を取得すると宣言していましたが、担当プロジェクトが運用開始などで仕事が忙しく手をつけていませんでした・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.