PMP資格は更新料だけで維持できます 書籍の自習でPDUを取得する

少し前にブログしたビジネスリーダー研修のPDUを本日取得しました。

今回12PDUが追加され合計14.75PDUとなりました。PMP資格の更新には3年間で60PDUが必要です。PMPを取得してから3ヶ月で約4分の1まできました。

本題に戻ります。

PMP資格の更新は、費用が高いと言われていました。なぜなら、PDUを取得するために、有料の研修やセミナーを受講する必要があるためです。ボランティア活動などでもPDUを取得できますが、サラリーマンでは難しいと言えます。

しかし、2015年12月よりPDU取得のルールが変更され、費用をかけずにPDUを取得できるようになりました。

ポイントは書籍の自習です。

今回は、この件についてブログします。

PDU取得のルール変更について

PDU取得のルールは次のとおり変更されました。

  • タレントトライアングルという3つのスキル(技術、リーダシップ、ビジネス)が定義され、スキル毎に最低8PDUの取得が必要となった。
  • ギブバックで取得できるPDUの上限が45PDU→25PDUとなった(ギブバックのPM実務は15PDU →8PDU)
  • 教育で取得できる上限が30PDU→上限無しとなった

ポイントは、3つめ「教育で取得できる最大が30PDU→上限無しとなった」だと言えます。

無料でPDUを取得するには

教育には、書籍の自習が含まれています。

書籍の対象には、記事、白書、ブログなども含まれます。このため、購入済みの書籍や、インターネット上のブログを活用すれば、費用をかけることなくPMP資格の更新に必要な60PDUを取得できます。

まとめ

今回の変更により、更新費用が高いという従来のイメージは払拭されるのではないでしょうか。

ただし、PDU申請後に監査対象となった場合は、国際郵便でエビデンスの提示を求められます。書籍の自習のみだと監査対象となるかもしれません。PM実務などと組み合わせた方が良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.