PMI地域セミナーのPDU取得 PMP布教の話も

かなり前にブログした記事のPDUを本日取得しました。

PMBOK 第5版ソフトウェア拡張版と第6版最新動向について
たった2.75PDUですが、ゲージが増えるとうれしいものです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

来年は1月に2日間のリーダーシップセミナーを受講します。このセミナーでは13PDUを取得する予定です。

話が変わりますが、PMPの活動の中には、PMBOKの知識やスキルを広めるという職務があります。私もPMPの一人として、この布教活動に少し取り組もうかと考えています。ただ、試験問題に関すること、例えば「こういう問題が出るぞ!」みたいな話は守秘義務によりできませんが、もう少し概念的な話として、PMBOKの勘所などをPMP試験の学習方法に絡めてブログします。

私が考える学習方法のポイントは進め方にあります。人によりそのスタイルは「大きな概念から入って詳細を理解する」「詳細を積み重ねて大きな概念にも気づく」の2つがあると思います。私は、前者をやり方をお勧めします。なぜなら、短い時間で目的(試験の場合は合格)に到達できるからです。教科書を最初から読み始めるタイプの人がいますが、それが後者です。このやりかた、次のページを読むと前のページを忘れていきます。

次回は(いつになるかわかりませんが・・)、PMBOKを学ぶ時の考え方や順番として、私自信、もう少し早く概要を掴んでいれば、効果的に学習ができたかなぁと思うことをテーマにします。キーワードは以下の3つの理解です。

1.情報の流れ
2.変更の流れ
3.成果物の流れ

この流れを把握しておけば、各プロセスのインプット、ツールと技法、アウトプットは軽く読み流す程度で十分です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.