PMPの監査・・

PMP日記
この記事は約2分で読めます。

PMPの審査、5営業日もかかっため心配していましたが、案の定、監査対象となってしまいました。

審査結果は問題ないとのことだったので、安心して試験料を支払いましたが残念です・・なお、監査になるかどうかは、料金を振り込むと即座にわかります。申込者の1割とか、4人に1人とか諸説あります。自分自身の備忘録と、今後監査の対象となる方に向けて、ブログへ対応をアップしたいと思います。

監査の対象となると、PMIのマイページに監査対象者向けのページが追加されます。ここに、対応すべき内容や期限が書かれているので、記載のとおり対応しなければなりません。内容は「公式な35時間のPMBOK学習」「プロジェクト業務の経験時間」などの証明書をPMIへ送付するのみです。

この証明書は全て、審査のためにPMIのマイページに記載した内容です。これを印刷して上司にサインしてもらい送付するだけです。よって、私の場合、当然ながら申請内容に偽りがないため問題ないです。週明けにでも上司と話しをして対応したいと思います。試験の信頼性を担保するため、このような監査の必要性は理解できます。しかし、個人的にはPMIから疑われているような気分になり憂鬱ですが。

学習は、通勤時間などに問題集を解くことでにより、1カ月で7割程度の正答率になってきました。利用している書籍やスマホツールなどは、また後日、使ってみての感想を含めてアップしていきたいと考えています。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.