システム監査技術者試験に申し込みました そろそろ始動です!

情報処理技術者
この記事は約1分で読めます。

システム監査技術者試験に申し込みました。

昨日、テキストも買いました。すこし読んで、この試験は今の自分にすごく必要な試験だと感じました。情報処理試験の最高峰であり、「いつかは監査」と考えていましたが、既に30代後半、あと少しで合格者の平均年齢と同じになります。なんとしてでも、平均年齢以下で合格したくなりました。

DSC_0146
このテキストの論文を読みましたが、システム監査の論文は暗記力の勝負ではと思いました。なぜなら、基本的に論文はシステム監査基準とシステム管理基準に準拠した論述が求められるからです。つまり、これら基準を暗記しておけば、あとは多少の例示や具体化で論述することは可能と考えます。

ただし、論文のテーマは幅広く、管理基準のカテゴリである、情報戦略、企画、開発、運用、保守と、システムのライフサイクル全般について出題されるようです。私はプロジェクトマネジメント、データベースおよびセキュリティについて、他の区分を取得しています。しかし、ストラテジストの情報戦略や、ITサービスマネージャの運用などの知識・経験はありません。よって、出題される分野によって、午後Ⅱの合格は左右されるような気がします。

とりあえず、テキストを買い、受験申し込みも終わったので、少しずつ始動しようかと思います!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.