プロジェクトマネージャ試験が終わった

情報処理技術者
この記事は約2分で読めます。

本日、プロジェクトマネージャ試験が終わりました(^-^)/

会場はとある大学でした。少し雨が降る中、最寄り駅から歩いて教室に向かいました。
一昨年前のデータベーススペシャリスト合格による午前1免除の期限は今回試験で最後となります。ということで、免除の期限を延長するためにも、今回の試験はホント合格したい気持ちが当日急に大きくなってきました\(*`∧´)/

そんなこんなで、最後まで頑張った、今回の試験の感想は以下のとおり。

午前2はかなり難しかったと思います。リーンソフトウェア開発?、テンペスト?など、これまでの過去問にはなかった新しいキーワードが満載でした。昨年は、確か9割解けましたが、今回は試験が終わった直後は足切りを覚悟しました。しかし、先ほどIPAの公式解答を確認し7割は取れてそうなので少し安心しました。とはいえ、マークミスなどによる失点があるかもしれませんが。

午後1は問2と問3を選択しました。問1はステークホルダマネジメント関連の問題でした。よくわからない図のようなものがあったのでパスしました。問2と問3はパッケージ開発とシステム再開発の問題で、過去問にありがちな内容で、難易度も普通だったのではと思います。午後1はとりあえず、全ての問題に回答することを目標に解答用紙を埋めました。あまり自信はありませんが・・

午後2は、とりあえず書ききりました。問1のサプライヤの調達を選択しました。問2はありがちな品質問題でした。しかし、この手の問題は数字を出すとやぶへびになり、計算によるつじつま合わせが大変だったので選択しませんでした。

まぁ、とりあえず終わったので、後は運に任せるだけです。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.